--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

vol.143 銀座のホステス

 地下鉄銀座線銀座駅夕方6時頃の風景は面白い。出勤前のホステス達が続々階段を上がって来る。銀座のホステス全員がタクシーやハイヤーで通勤しているワケでは無いのだ。
 イベントの打ち上げで、そんな銀座のクラブにつれて行ってもらった事がある。入ってみて驚いた。中はものすごい事になっている。同じ銀座にある一流ホテルのロビーをずっと小さくして、照明をドンと落とした感じ。そしてやって来たママさんがすごい。何だか軍艦の舳先みたいな頭に、いかにも高そう着物、帯にはウルトラマンの目のような大きな石が光っている。見回すと初老のお客さんが多く、若いのは私達だけ。なんだか異次元空間に入り込んだような感じがした。
 高いお金を取るのには、それなりのシカケが必要なんだと感心していると、1人のホステスが話を振ってきた。「女が男に望む一番大事なものは何だと思う?」。なんだろう。「誠実」かな、「残念でした、甲斐性よ」。ガーン。
スポンサーサイト
10:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
vol.144 原宿の軽 | top | vol.142 真実を写す

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://nomagazine.blog.fc2.com/tb.php/101-be677d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。