FC2ブログ
--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

vol.180 「シボレーカマロ」

 シボレーにカマロという車があった。70年代始めはまだまだアメリカ車の全盛時代、街をノシていたのはこのシボレー・カマロやポンティマック、ファイアーバード、フォード、ムスタングなどだった。どの車も国産車に比べて巾がやたら広く、前席がやたらたっぷりしていて、後席はほとんど小さな子供しか乗れない程狭かった。
 今の車と違ってやれ安全性だ空力だ燃費だとブチブチこまかい事を言わなくて、もっとずっと大らかな所がアメ車の良さ、どの車もスタイルが先にあって、後から、それに合わせて色々考えた様な型をしていた。つまりカッコが一番というわけだ。
 そんなシボレー・カマロに知り合いが乗って来た、近くまで用があるから一緒に行こうという、やたら長いドアを開けて乗り込むと白の革張りのシートがやたらデカイ、それに車が動くたびにキュッキュッと音がする、信号で止まると車体が左右にゆっくり揺れる、目的地に着いて降りようと思ったら、ドアがデカ過ぎて、トナリの車にぶつかりそうで開けなくなった。
スポンサーサイト
15:36 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
vol.181 「ドームはキライ」 | top | vol.179 「フラミンゴのコーヒー」

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://nomagazine.blog.fc2.com/tb.php/139-9c1ab5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。