FC2ブログ
--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

vol.189 「力道山の言葉」

力道山

 一時期、ヤクザの親分に気に入られ、一緒に遊んだ時があった。何かの事情で大阪から東京へ来ていたらしく、たいした仕事も無かったのか、しょっちゅう電話がかかって来る。親しげな声で「おーい、稲原君、どや、行こか?」
 私のどこを気に入ってくれたのか、会うと色々な面白い話をしてくれる。外見は少し恐いが、神経は繊細で、頭の良さが並ではない。そして人に対する洞察力がすごい。なるほど人の上に立つ人は違うと思わせる魅力があるが、酒を飲み過ぎるとやたらにワガママになり暴れだす。そんな時は大変だった。
 ある時プロレスの興行をしていた時の話をしてくれた。当時のスターは力道山。戦後日本の最大のヒーローの一人。そんな力道山に対してこう聞いたそうだ。「あんなん、八百長でしょう」それに対してこう答えたそうだ。「基本的にはそう。プロレスは他のスポーツと違って毎日試合がある。ただしレスラーのなかにはセメントというのがいる。これは気分屋で決めた事を守らないことがある。だから試合は油断がならんのです」。
スポンサーサイト
12:32 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
vol.190 「ストリッパーの追っかけ」 | top | vol.188 「アントニオ猪木に会った日」

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://nomagazine.blog.fc2.com/tb.php/148-35f8cdb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。