--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

vol.192 「バブル期の写真」

建物
 今、バブル期88・89年頃の写真をプリントしている。昭和から平成に変わる頃、日本人のほとんどが「明日は今日よりもっと良くなる、楽しくなる」と思えた日々。
 テレビでは日本の電器メーカーがアメリカの映画会社を買ったとか、株価の平均が4万円に届きそうだとか、そんな話題ばかり。そして、そんな日々が終わり、そんな日々は二度と来ない。失われた20年と言われ、ずっと苦しみ続ける日本。でも改めてあの頃の写真を見ていると、とても面白い。街中あちこちで工事をしている。
 木造モルタルからコンクリートへ。あの頃、戦後のどさくさまぎれに作られたような建物や街や路地はなくなってしまった。全てが表通りになってしまい、裏道で生活したり、飲んだり、楽しんだり、そんな世間の裏街道がなくなってしまった。どんな街にも若い娘が通ってはいけない通りがあったし、そこでないと生活出来ない人達がいた。そんな裏街人生の楽しみをバブルは奪ってしまった。バブルの最大の罪はそこにある。
スポンサーサイト
10:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
vol.193 「女は助手席に」 | top | vol.191 「還暦同窓会の失敗写真」

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://nomagazine.blog.fc2.com/tb.php/151-d4904631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。