--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

vol.219 「実現不可能な夢を見る若者達」

MX-2610FN_20130420_144213.jpg
仕事を手伝ってくれる大学生や専門学生に必ず最初にこう聞く。「将来どうなりたい?」一番多い答えは「あと少し、もう1~2年、学生でいたい」それからはとてつもない夢物語になる。かつて会った事もない、自分の身近には全然いない、多分テレビやネットで見た憧れの職業、最近聞いた仕事を2~3挙げると、「帝国ホテルのベルボーイ」「化粧品会社の広報」「世界遺産のコンダクター」一体どこにそんな人がいるんだ。
 そんな話を聞いて、私が聞き返すのが、「で、そんな仕事をしてる人が、君の学校の卒業生に何人いるの?」夢を見るのは悪くない。
私もこれまでさんざん言ったり書いたりした様な気がする。でもね、でもそれは実現できる夢の事、たんなるホラ話に付き合うほどヒマじゃない。
 夢は見果てぬほうがいい、愛は実らぬほうがいい。本当にそうなの?そうとは思えない。もっと現実を、もっと足元を見たほうがいい。それがどんなにみじめな足元でも。
スポンサーサイト
15:48 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
vol.220 「水商売はラクな仕事」 | top | vol.218 「失敗を恐れる若者達」

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://nomagazine.blog.fc2.com/tb.php/181-f18fd73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。