--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

vol.63 朝日のようにさわやかに

063.jpg

 その日は新宿で大きなデモがあっていた、靖国通りから新宿駅に向ってたくさんの学生が走って来る、その後にはもっとたくさんの数の機動隊が追いかけて来ている。大変だ、ただでさえ風体のあやしい私である、逮捕されたらやっかいな事になる、あわてて近くの地下にあるジャズ喫茶「ビザール」に飛び込んだ。
 ソニー・クラークは日本で特に人気の高いピアニスト、アメリカではほとんど無名だそうだが、日本のジャズファンでソニー・クラークを知らない人はいない、その一番の特徴はマイナーの曲に独特の味がある事、メジャーの曲が人気のアメリカに対してマイナーの曲が人気の日本、その中でもソニー・クラークの弾くマイナーの曲は、そのピアノの音色、フレーズ共々日本人にピッタリの何かがある。
 「朝日のようにさわやかに」は有名なスタンダードナンバーだが、私はその演奏を「ビザール」で始めて聞いた。ポロポロ、気怠く、物憂いそのピアノは、表の騒乱とは対照的、「ジャズっていいな」そう思った。
スポンサーサイト
10:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
vol.64 浅草フランス座 | top | vol.62 ダンサーのケンカ

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://nomagazine.blog.fc2.com/tb.php/20-0c9a038f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。