--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

vol.136 キレイな編集部

136.jpg

 その編集部はとてもキレイでオシャレだった。雑誌の編集部はどこも雑然としていて、天井からヒモがぶら下がっていたり、ワケのわからないグッズが置いてあったり、資料が山積みで今にも崩れそうだったりで、整然としたその部屋にとても驚いた。
 入口にはなにやらキレイな石が置いてあり、ライティングまでしてある。あちこちに観葉植物、打ち合わせは白いテーブル。デザイン関係の雑誌社なのでこうなのかなぁなどとぼんやり思っていたら、真っ白なソーサーに真っ白なカップに入ったコーヒーが出てきた。
 打ち合わせに入ると理路整然、ムダ口が無く、テキパキと説明に入る。その説明がとても的確で理解しやすい。一息ついてあたりを見回すと何故か女の人が1人もいない。不思議に思って尋ねると「ウチは全員ホモセクシャルなんです」とキッパリ。なるほどなぁ。そういう人たちって怠惰な自分を許さないって言うものなぁ、だからこんなに部屋がキレイなんだ。帰ろうとすると、こう言った。「ところであなたは普通の人?」
スポンサーサイト
10:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
vol.137 スズキのバイオリン | top | vol.135 水道橋スイング

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバック URL:
http://nomagazine.blog.fc2.com/tb.php/93-95f17f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。