--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

Vol.141 どっちなんだよ

 写真スタジオでちょっと大掛かりなセットを組み撮影をしていたら夜の12時近くになった。東京ではこの時間の意味は大きい。つまり終電が無くなってしまうから。そのまま続けていたら朝帰りになってしまう。
 その時手伝ってくれていた3~4人の中に1人、女子がいて私は女の子の朝帰りはちょっとと思いこう言った。「もうしばらくかかるから帰っていいよ」、そうしたらその子が怒ってこう言った。「女だと思ってそんな事言うんですか。私はこの仕事をやりたくてやっているのに、何で私だけ帰らなくちゃならないんですか」
 それから反省した私は「そうだよな、仕事に男も女もないよな」と思うようになった。
 それからしばらくしてまた、同じように終電が無くなりそうな時間、その時は手伝い4人の内2人が女子、念のために声をかけた「終電なくなりそうだから帰っていいよ」「えっ、いいんですか」というとそそくさと帰ってしまった。いったいどっちなんだよ。
スポンサーサイト
10:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
vol.142 真実を写す | top | vol.141 留守番電話がなかった頃

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。